市町村で開催される法律相談とは

main-img

日常生活には、意外にもさまざまな法的なトラブルがひそんでいるものです。



例えば、遺産相続や離婚、消費者金融からの借金、不動産の境界争い、交通事故の慰謝料請求などといったものが挙げられます。



こうしたトラブルの解消を図るため、それぞれの市町村では、定期的に法律相談の機会を提供していることがあり、通常は料金無料となっています。



特に、多重債務や交通事故などのトラブルについては、かなり頻繁に起きており、社会的な問題となっていることから、その問題だけに特化して開催されているケースも多いようです。

こうした法律相談の対応にあたるのは、都道府県などの弁護士会に所属している弁護士であり、当番制でさまざまな地域を定期的に巡回しています。



そのため、毎日開催というわけにはいきませんが、生活に密着した問題に精通しているというのは確かなことです。
市町村が開催する法律相談は、無料であるだけに需要も高く、数か月待ちであることもめずらしくはありません。もしトラブルの性質上、どうしてもすみやかに弁護士に面会したいという場合は、近くの弁護士事務所などに連絡をして、予約をした上で、個別に法律相談を受けることも勧められます。
こうした法律相談自体は、弁護士としての本来の業務の一環にあたりますので、どの弁護士事務所でも受け付けてもらうことができます。



得意分野がある弁護士事務所であれば、ホームページなどでそのことを明記している場合もあります。



関連リンク

subpage01

法律相談からADRの活用へ

法律の専門家である弁護士は、弁護士法の規定により、それぞれの地域の弁護士会に所属することになっています。弁護士会は、地方裁判所の管轄区域ごとに1つずつ置かれるというのが原則となっており、事務所も裁判所付近にあることが多いといえますが、東京都については伝統的に3つの弁護士会が設けられています。...

more
subpage02

企業の内部告発と法律相談

新聞・テレビでは大手メーカーの食品産地の偽装、大学病院による医療ミス隠しなど、さまざまな企業や機関の不祥事が報道されています。こうした不祥事は、企業内部の当事者によってもみ消されてしまう可能性がきわめて大きいものですが、もし不祥事の内容を知った従業員が、警察などのしかるべき機関に届けていれば、一般の人たちの被害を少なくすることができたはずです。...

more