電話による法律相談は可能か

main-img

不動産売買やお金の貸し借り、離婚、相続などといった法律が絡む問題については、個人の力ですべて解決しようとすると膨大なエネルギーが必要になります。



こうした場合には、法律のプロである弁護士にまずは相談をして、解決のために使える方法にはどのようなものがあるのか、その具体的な手続きはどうするのかといったことがらを、適切にアドバイスしてもらうことが大切となります。



通常であれば、こうした法律相談というのは、市役所などの公共機関が窓口になるにせよ、直接本人が弁護士事務所に依頼をするにせよ、弁護士と会って問題の内容を話すというのが原則となります。しかし、実際に弁護士に会うまでもない法律上の疑問について質問がしたいとか、弁護士に会う時間がなかなかとれない、弁護士と会うのには抵抗がある、といった場合も当然ながらあることでしょう。



こうした場合には、弁護士と電話で相談ができるシステムをもっている機関がありますので、まずはそうしたサービスを利用してみるのもひとつの手段です。



個別の弁護士事務所であっても、勤務時間中であれば電話相談のための特別なダイヤルを設けているところがありますし、また地域の弁護士会でこうした専用ダイヤルをもっていることも多くあります。



さらに、法テラスとよばれている司法関連の全国組織や、日本弁護士連合会でも、このような電話でのサービスを無料で行っていますので、必要に応じて活用することができます。



関連リンク

subpage01

法律相談からADRの活用へ

法律の専門家である弁護士は、弁護士法の規定により、それぞれの地域の弁護士会に所属することになっています。弁護士会は、地方裁判所の管轄区域ごとに1つずつ置かれるというのが原則となっており、事務所も裁判所付近にあることが多いといえますが、東京都については伝統的に3つの弁護士会が設けられています。...

more
subpage02

電話による法律相談は可能か

不動産売買やお金の貸し借り、離婚、相続などといった法律が絡む問題については、個人の力ですべて解決しようとすると膨大なエネルギーが必要になります。こうした場合には、法律のプロである弁護士にまずは相談をして、解決のために使える方法にはどのようなものがあるのか、その具体的な手続きはどうするのかといったことがらを、適切にアドバイスしてもらうことが大切となります。...

more