法律相談をするときの流れについて

main-img

弁護士の法律相談を受けるためには、まずは個別の弁護士事務所か、または弁護士会などの組織に対して、電話をして予約をすることが必要となります。

あなたの期待に応える神戸の相続情報を集めているサイトです。

電話には弁護士以外の事務所のスタッフが出ることが多いため、自宅の連絡先、問題となっている分野、希望する日程などを伝えた上で、スタッフと調整して、具体的に弁護士と面会する日時を決定します。

滋賀の税理士ならこちらが人気です。

弁護士というのは、いつでも事務所に待機しているとは限らず、裁判のために裁判所に赴いていたり、その他行政が主催する会議に出席していたりと、かなり多忙なスケジュールとなっています。

岡山で会社設立の便利な情報を集めたサイトです。

場合によっては電話した時点では日時が決まらずに、折り返し事務所からの電話で後日調整することもあります。


法律相談は、おおむね1回あたり30分間などの時間が決められていることが多いため、例えば借金に関する相談であれば契約書や支払明細を持参するなど、あらかじめ説明の材料になるものを用意しておいたほうがよいといえます。

相談当日は弁護士本人と直接面会し、こうした材料をもとにして問題になっていることがらを説明した上で、弁護士から法律上のアドバイスをもらうことになります。

http://talk.m3q.jp/?topic_id=12&comment_content=%25255B%254013%25255D&page=725

もし法律相談の結果として、同じ弁護士に事件の処理を依頼したいという場合には、その後に受任契約を交わすことになります。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/hosei/research/vol24.html

その際、着手金などの費用が必要になることがありますので、あらかじめ費用面についてもよく話を詰めておいたほうがよいでしょう。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8582813.htmlに関する情報に追加しています。

関連リンク

subpage01

法律相談からADRの活用へ

法律の専門家である弁護士は、弁護士法の規定により、それぞれの地域の弁護士会に所属することになっています。弁護士会は、地方裁判所の管轄区域ごとに1つずつ置かれるというのが原則となっており、事務所も裁判所付近にあることが多いといえますが、東京都については伝統的に3つの弁護士会が設けられています。...

more
subpage02

企業の内部告発と法律相談

新聞・テレビでは大手メーカーの食品産地の偽装、大学病院による医療ミス隠しなど、さまざまな企業や機関の不祥事が報道されています。こうした不祥事は、企業内部の当事者によってもみ消されてしまう可能性がきわめて大きいものですが、もし不祥事の内容を知った従業員が、警察などのしかるべき機関に届けていれば、一般の人たちの被害を少なくすることができたはずです。...

more